西原町『亀そば うん玉店』沖縄の食堂的要素満載のお店

西原町の亀そばにやって来ました。昔は色んな所で見かけたが最近は、ほとんど見ないなぁって思ってました。公式サイトを見ると県内に6店舗もあるみたいです。意外に多い!沖縄そばに関係ないけど公式サイトがキレイな作りでちょっとびっくり!結構見やすいサイトです!亀そばやりおる!

亀そば うん玉店

公式サイトには11:00~20:00と記載されているが、お店のドアには10:30-21:00と記載あり。たしかに10:50くらいに来店したが開いてた。

窓際にカウンター席あり

入口入って直進した為、カウンターがある事に気づかず不覚にもテーブル席に座ってしまった。でもまぁ、ココはかなり席数多いし、まだお客さん少ないからいっか。そして漫画もあるのね。ザ・食堂っすね!昼時とかは配送業の人とか建築系のおっちゃんとかが食後に漫画読んでる感じがする(私の超個人的な食堂に対するイメージです)

食券機があったのですが・・・

食券機の前に立った瞬間、食券機の後ろで店員さんが「さぁ、何頼む?さぁ、来い!さぁさぁ」って感じでメッチャ待ってるので食券機正面の写真は撮る余裕が無かった。

テーブルにメニューがあった

やっぱ、食堂って感じですね。メニューが豊富で全体的にお安いです。

無料セルフで飲み物各種あり

無料のアイスコーヒーはたまに見るけど紅茶は初めて見ますね。てゆーか、沖縄の食堂と言えばアイスティーか!そう考えれば自然ですね♪

テーブル席と座敷席

どーでもいいのですが、この時、私を含め客が3人しかいなかったのに、この歩いてるおっちゃんが相席で座った。こんなに広くて席がたくさん空いてるのにわざわざ相席??って不思議に思ってたら、おもむろに相席のおっちゃんに話しかけてた。
(-_-) 「兄さん、ここらへんに住んでるの?」
(-“-) 「あ~、はい」
(-_-) 「あ~、そうなんだぁ♪喜屋武さん知ってる?」
(-“-) 「えっ?いやぁ、わからないなぁ」
(-_-) 「えっ!喜屋武さんよ!喜屋武さん!」
(-“-) 「いや、ココらへんは喜屋武ばっかだから」
(-_-) 「そっかぁ、喜屋武さん知らないかぁ」
(-“-) 「・・・」

二人の会話は終わった。被害者が私でなくてホントに良かったと思った。因みにこの店。私がいる間に他の客が4名いたがもれなく初老の男性でした。齢43歳の私が最年少!なんだろう、この店は初老のおっちゃんばっかが集まる店ですね。なんか不思議な空間でした。

軟骨ソーキそば(大) 650円

それにしてもこの店。提供速度がハンパ無く早いです!たぶん1分以内!もしかしたら30秒くらいかも?そしてきくらげの存在感がすごい!さて、お味は?う~ん、豚骨ベースなんで私の好みではなかった。でも昔からよくある感じの沖縄そばって感じです!まさに先ほど語った客層(初老の男性軍団)には刺さる味かと。まぁ私もほぼ初老ですけどね・・・
でもまぁ、麺も肉も無難な美味しさだし650円だったら安いですね!食堂として考えると評価高いと思います!席数多い、漫画ある、食券機ある、提供速度早い、そして安い!

そしてまた相席のおっちゃんに戻りますが、提供された沖縄そばを見て「コレ何?昆布?」って相席のおっちゃんに聞いてました。それを見かねてキッチンの奥から店員が「きくらげ~~!!」って叫んでました!

(-_-;) てゆーか、このおっちゃん。常連と思ったら、まさかの一見さん?初来店?亀そばおそるべし・・・(いや、亀そばは関係ない)

所感

味 :食堂クオリティ
量 :適量
水 :冷たい、セルフ
空調:適温

お店の情報

営業時間:10:30-21:00 (L.O 20:45)
休業日 :なし
ホームページ: 公式