【悲報】『Amazon Mastercardゴールド』の超改悪

世の中にあるクレカの中で、最強だったAmazon Mastercardゴールドがとうとう改悪の時を迎えた・・・ショックがデカい!2021年11月1日から随時サービスが移行されます

ゴールドカードの中で最強のコスパ(だった)Amazon Mastercardゴールドが終了

私は以前は、月イチで空港利用していた為、空港ラウンジに入りたくて当初は楽天ゴールドカードを作りました
楽天ゴールドカードラウンジに入れるゴールドカードの中で最安年会費2000円でした・・・が、カード作成から3ヶ月ほどで改定があり「ラウンジ利用は年間で2回まで」となった為、解約を決め、他に安いカードを探していた所、Amazon Mastercardゴールドを発見!当時衝撃でした!
年会費10000円ですが、「マイ・ペイすリボ」利用で5000円割引「Web明細」利用で更に1000円割引実質年会費4000円(税抜き)でした。もちろん空港ラウンジは無制限で利用可能。そして更にAmazon利用ポイントが2.5%だったりAmazonプライムが無料で付帯されるという、もはや実質年会費0円とも言える最強ゴールドカード(だった)

2021年11月1日(月)にリニューアル

Amazon Mastercardゴールドは無くなります。。。
実質、普通の「Amazon Mastercard」のみになります。自費でプライム会員に入った人は「Amazon Prime Mastercard」になるらしい…が、もうどっちでもいい。

「Amazon Mastercardゴールド」と「Amazon Prime Mastercard」の比較

はっきり言って、別物なので比較する事はナンセンスだが、現在、「Amazon Mastercardゴールド」を所有している人が今後、「Amazon Prime Mastercard」で継続する価値があるのか?的な目線で比較してみます。

改悪ポイント

「Amazon Mastercardゴールド」
年会費11000円→実質4400円(割引き後)
※マイ・ペイすリボ、Web明細を利用

「Amazon Prime Mastercard」
年会費0円→実質4900円(prime年会費)
※自費でプライム会員加入

「Amazon Mastercardゴールド」
無料で付帯

「Amazon Prime Mastercard」
別途、有料で登録

「Amazon Mastercardゴールド」
最高5000万円海外・国内旅行傷害補償

「Amazon Prime Mastercard」
最高2000万円海外旅行傷害補償

「Amazon Mastercardゴールド」
年間300万円まで

「Amazon Prime Mastercard」
年間200万円まで

「Amazon Mastercardゴールド」
あり

「Amazon Prime Mastercard」
なし

改善ポイント

「Amazon Mastercardゴールド」
1.0%ポイント還元

「Amazon Prime Mastercard」
1.5%ポイント還元

「Amazon Mastercardゴールド」
年会費550円、前年度に1回以上ETC利用で無料

「Amazon Prime Mastercard」
永年無料

今後の対応

とりあえず比較してみましたが小さな小さな幸せ…が少しと、大きな大きな不幸せが盛りだくさん!
って、感じです!しかももう来月からサービス移行って!?
既に、AmazonPrimeにどっぷりハマってる感があるので、とりあえずは有料で加入しようかなぁ(なんかハメられた気がする)
そして結構ショックなのが空港ラウンジなしですよ!有料でも良いので付帯してほしかった・・・別でゴールドカード作らないとイカンなぁ。悔しいけど三井住友ゴールドカードでも作ろうかなぁ・・・

参考リンク:三井住友カード
      Amazon.co.jp