豊見城市『海軍壕公園 – 旧海軍司令部壕』大変貴重な史料である事を実感できました。

以前から存在は知ってましたが今回初めて訪問しました「海軍壕公園 – 旧海軍司令部壕」
ひめゆりの塔、平和祈念公園と比較すると知名度が低い気がしますね。土曜日の午後に訪問しましたが、全く観光客が居なくて、沖縄県民が2〜3組いました。

海軍壕公園 – 旧海軍司令部壕

って言うから、てっきり地下へ進む入口を想像してたのですが、入口は小高い丘頂上にあります。駐車場から、そこそこ歩いて階段を上がっていくと施設への入口があります。旧海軍司令部壕は、丘の内部に張り巡らされたになります。なので海抜よりは全然高い位置にあります。

地下へ続く階段

テレビで見た事があるような景色です。ココを自身の足で進み、自身の目で見る事が出来るなんて、すごくリアリティを感じます。

通路

まるで何かのアトラクションのように見えますが、約80年前ココが実際に利用されてたんですよね。とても不思議な気持ちです。信じられない。

迷路のよう

一応、順路はありますが、壕内一本道ではなく迷路のようにいくつも分かれ道がありますので、迷子注意です。小さなお子さん連れの方は絶対に目を離さないようにした方が良いかと思います。そこまで広くは無いので、完全迷子になる事は無いと思いますが、壕内はほとんど人が居ないので、一人で歩いてると場所場所だけに結構、怖いです。因みに、に入ってから出るまで、誰とも会いませんでした。私達以外には誰も入ってませんでした。(土曜日なのに…)そんな場所なので、万が一、ココで小さな子が一瞬でも迷子になったらトラウマになるかも。(神隠しとかありそうな雰囲気です…)

非常電話あり

万が一ですが、何かトラブルがあったらテンパって出口がわからなくなるかも?そんな場所です。非常用インターホン(事務所直通)が設置されてます。

まとめ

今回、壕内写真しか紹介してませんが、壕の入口手前には資料室などもあり、たくさんの資料が展示されてますので、そちらも大変興味深い内容となっています。ぜひ、一度は訪問してみた方が良いかと思います。
参考リンク:≪公式≫ 旧海軍司令部壕 (海軍壕公園)